2013年4月から福岡に留学します

kagato0110.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 09日

どうやって日本語を勉強していますか ← よく聞かれる質問

最後の更新はほぼ一ヶ月前のことでしたね。なんだかんだでブログを更新する余裕ですらなかったのです。最近の状況はどうなっているか何も言わなくて誠に申し訳ありません。

2ヶ月間ほど前梅雨が入りましたね。今のところ湿気が高くて蒸し暑くてイギリス人のボクにとって、率直に言わせてもらえればキツイです 苦笑

さて、みんなはしょっちゅうこう聞かれています。『どうやって日本語を勉強していますか』ということでそれについて話したいと思います。ただし、私はプロなんかではなく、ましてや自分をそう偽って思ってるわけでもないのです。だからそう思われないで下さい。私はただ普通の学生です。それとまた、自分の学歴について説明すると話がかなり長くなるので短く簡単にします。

ではいきます!初めて日本語を勉強したのは17才のころでした。断絶的にな。それで8年間後こう続いています。以上です。これから主に話したいことをします。

私が長年間参考にした資料、手法、そしてまた主に影響を受けたのはもう一人のイギリスに生まれ育った中国系、Danny Choo(ダニー・チュー)という男のおかげでした(サイトのリンク先は以下にあります)。以下の手法は彼によるものです。私はただ、ほんの少しだけ変えて実践しました。

1) 毎晩寝る前か早朝にiPodに入った日本語のPodcastを流しっぱなしにしました。Danny Chooの理論では、睡眠中のあなたは無意識的に新しい文法や言葉を脳に入らせて残ります。簡単に言い換えれば「軽く洗脳する」というわけです。その後はいつの間にかまた無意識的に学んでいた言葉や文法を使えるようになります。

2) 今の学んでいる漢字や文法をノート・メモにしてトイレのドア(裏側)に貼っておきます。そうすると、例えばあるときにものすごく @#”!?\ したいから長時間便座に座ったままずっとドアの裏側に面するでしょう。それからなんでも読む興味を持つでしょう。シャンプーに何が入ったか裏に書いった材料を読んでチェックするといったときが殆どあるでしょうか。少なくとも私にはこのような場合がありますが、みんなはたぶん違いますね 苦笑

3) 家中あなた以外誰にもいないやら外出中あなたは一人にいるやら(私の場合は日本語でしたけど)英語の相手と電話で話すふりをしてみます。いつその相手と話して実践できるか準備としてもよいでしょう。もう一つの方法は独り言そのものだけです。自分で会話を考えて話すやら新聞・記事・本の断片を読み上げるやらなんでもいいんです。こうすると自分の文法や発音にはどこでおかしいかどこで間違っているかわかるでしょう。もしあなたは「自分の文法や発音には何が違うか全く識別することができない」のような人だとしたら動画や音声ブログを記録してみたらいかがでしょうか。実に言うとこの方法が好きです。でも保存したファイルは絶対公開しません。なぜかというと他の人はこうみるとよく楽しめるためではなく、むしろ自分の成長のためです。私は何回もこうしました。おかげでどこで間違っているかどこでおかしいかだけではなく、必要以上笑いすぎる顔をしたことも、まばたきもよくしていたところも認識することができました。今のところこうした練習はしませんが、またやりましょうかとも今考えています。

4) 知っている通り、あなたの学んでいる言語のもっとも相応しい環境はまさにその国でしょう。例えば英語を学んでいる方は英国やアメリカに留学します。私は大学に入ったころ日本語は私のメイジャーではなかったのです。主に専攻したのはソフトウェア・エンジニアリングでした(コンピュータをプログラミングすること)。だから当時の私は留学することができませんでした。その環境に入る代わりにして自分のもとへその環境をもとらそうとしました(←理解できるかな?)。要するに、まるで日本にいるかのような環境を作ろうとしました。例えば:

l よく使っていたソーシャルサイトを英語から日本語に設定します。それを超えて日本に開発されたサイトにもアカウントを登録しました。今のところあんまり使わないんですけどね。

l 自分のパソコン、ケータイ、ほかのいかなる携帯装置を日本に設定ました。もし私はいつか日本へいけば基本的な操作説明を身につける必要があると考えていました。もちろん行きたいところにはサインや説明は英語に翻訳されていますが、自分の価値を高めるために私が学んでいる言語に設定して馴染むれようとしたら「あー やっぱり私が翻訳を抜きにして理解できるんだ!」という気持ちが自分のなかに生まれます。そしてスッキリするでしょう。だから私はこうした練習もお勧めします。

l 毎日課題を考えて実践して少しずつやってみましょう。15分間だけ勉強するか、一日中英語・日本語の映画(吹き替え版)をみるか、なんでもいいんです。目標としては「ネイティブレベルまで理解しょうとする」ことです。

私の場合は、アニメに飽きたから日本ドラマとニュースに注目しています。新聞を読んで理解することは何よりも難しかったです。長年間お金と時間がかかってしまいましたが今の成果に比べればただ些細なことです。もちろん、わからないことがまだまだ山ほどですが数年前よりたくさん学びました。漢字を勉強することには近道がありません。残念ながらね。だから我慢してやり続けるしかありません。そしていつの間にか無意識的に理解できるようになります。

ブログを書くこともお勧めします。私が使っているサイトは『Lang-8』というランゲージエクスチェンジ(言語交換)サイトです。特徴は、母語以外の言語を使って記事を書いてアップしたあなたのために他の人がその記事を読んで添削してくれます。あなたが書いた記事はありのままだけで完璧だとしてもより印象的につけるように添削してくれる人もいます。サービスも無料です!

この点は単純ですが、あなたの学んでいる言語を使いまくることがポイントです。週内数回しかつかわないということではありません。こうした考えは...正直に言うと不妥当です。繰り返しに使います。もちろんこれからの人生に一秒ごとに話さなければならないと言いたいわけではありません。毎日長時間まで勉強することは絶対無理です。脳を休まないと精神的な問題が生じるときもありますね。ちょっとだけ母語に戻って読みたいことを楽しむや映画をみることも大丈夫ですが、長い間この習慣を怠ってしまうのはよくないと当然思っています。

もう一つの重要な要素は『失敗』そのものです。

なぜかというと、失敗しないとあんまり成長しないでしょう。あなたは必ず失敗します、バカにみなされ、たぶん根っこから酷い人間として思われるおそれがあります(大袈裟か)。私は何回も失敗したことがありますけど、失敗したおかげで成長しました。誰でもそう思うでしょう。

教科書だけに参考しないでください。どんな立場に入っているかは教科書には教えてくれないからです。取扱書・マニュアルとしては結構ですが

本当のチャレンジはその場で使うことです。というわけで、失敗を期待してください。自信をなくして虚しく感じるときがいずれきます。そして諦めたいと何回もしたくなります。何人かがそうしたことがあります。成績は並外れて高いのにもかかわらず自信がないから話すことがほぼ無理です。ところで私は特定の人達について意図的に語っていません。もしあなたが知っている人だと思ったらその思いを無しにしてください。大学のころこのような人達は多数いました。また、Danny Chooのサイトには詳しく目を通してください。

要訳しますと、絶対諦めないでください。失敗を期待して、勉強を怠らず全力に尽くします。

どれくらい成長しましたか時期にわかります。もしこの記事が力になったら私が安心です。自分の文法にはまだまだ問題がたくさんありますが、言いたいことが伝えたらそれにも安心です。

English → http://www.dannychoo.com/en/post/26094/How+Discovering+Japan+Changed+My+Life.html

日本語 → http://www.dannychoo.com/ja/post/26094/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%8C%96%E3%
[PR]

by kagato0110 | 2013-07-09 11:35