2013年4月から福岡に留学します

kagato0110.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 10日

姉がUKに再移民してきた

数年前姉がイギリスから出て行きたくてカナダへ移民すると決めた。

だが、カナダでの生活は想像していたのとは随分と違った。バンクーバーには(特に姉が選んだところ)中国から移住してきた移民が多かったし、周辺移民とはあんまり仲良くならなかったと言った。もちろん他の理由もあるが、それ以上に重要な問題はなかった。いろいろ馴染めなかったそうだ。

数年間が経ち、結局帰国することにした。
数日前(木曜日)姉が再移住して、帰ってきた。そして昨晩、ボクたち三人は一緒に夕食した。面白い話は多々あってたんだ。

ところで数ヶ月前、オックスフォードのボドレイアン図書館の写真を撮ってきた。以下で見えるよ!

ボドレイアン図書館
ボドレイアン図書館 posted by (C)宇宙人

[PR]

# by kagato0110 | 2013-03-10 17:24
2013年 03月 07日

...お久しぶりです!

長い間ブログできなくてすみませんでした。

実は最近いろいろあった。その間も数枚の写真をとってきました(以下にサムネを貼り付けました)

一枚ずつクリックしてみれば、私はどんな写真を撮ったかすぐわかります。

先月はもちろん忙しかった、そして今月も当たらなレベルに展開してしまいそうです。それを言ったからといっても悪い意味ではないんです。実は、数ヶ月前からある望み・やりたいことを少しずつ現実させています。でもここに明かすとはまだ早いんです。時間が必要なんです。だからもうちょっと準備ができたらまたブログします。

とりあえずそういうことで...ね...苦笑

Lights すべてを灯れ!

Alley way in the city at dawn 街中にある路地

High Street Bridge at dawn - Oxford オックスフォード
[PR]

# by kagato0110 | 2013-03-07 15:15
2013年 02月 17日

バイオリン+ダブステプ!

おはようございます!

皆の節分はいかがでしたか?

バイオリンといえばクラシック、または交響楽団でしょう

ユタ州・アメリカの女性、リンジィ・スターリング(Lindsey Stirling)はクラシックの教育を受けたため、そういう曲を作るのは当然期待されるだろ。だが彼女はかつて聞いたことのない独自なスタイルを発明された。また、バイオリンを弾きながら踊る!

ときに激しいロックに、ときに華麗に美しい曲をつくる。そこでボクにハマったところはダブステプとエレクトロニク!

因みにダブステプとは、ベースのもっとも太い、また深く強化されたエレクトロニクの一種である。本来なら欧米で発明された新ジャンルだな。以下『Moon Trance』を聞いてみればすぐわかるはず。踊りも半端ないだろ!



最初の墓石の文字を訳していけばこう書いてある

 『ビンセント・コシリン、バイオリンと一緒に葬れたのは罪じゃないと思った』

そして最後の墓石はこうだ

 『リンジィ・スターリング、バイオリンでゾンビをやっつけるのは罪じゃないと思った』

もし気に入ったら以下のも傾いてください!





ここでのダンスが特にすごすぎて正直笑ったんだ (;^ω^)
[PR]

# by kagato0110 | 2013-02-17 18:03
2013年 02月 08日

B&W Ducks カモ in Oxford

先週オックスフォードにいったとき、カモの群れと出会った。もちろんその直後カメラを取り出して写真をとったけど不安になった。

友人のRさん「どうした?」
オレ「やっぱりこれらはダメなんだなー 構図が弱くて背景のものも邪魔すぎる。後で削除するかもしれん」

だが一週間後のいいアイデアを思いつた。ブラックアンドホワイトをためしてみたらと?
早速調整することにした。以下の一枚を成果して、前の些細な不安が見比べるものじゃなくなる。

どうぞうご覧ください!

(2枚の写真を組み合って一枚することにした。こうしたことであんたはその瞬間、どんな気持ち?)

B&W Ducks カモ in Oxford

高画質→ http://www.flickr.com/photos/92401196@N06/8453861964/lightbox/ 
[PR]

# by kagato0110 | 2013-02-08 04:57
2013年 02月 03日

クライストチャーチ、オックスフォード

昨日オックスフォードのクライストチャーチで友人と歩き回って撮影してきた。

そして野原がかなり洪水状態になっていたそうだ。水溜りが青空の青色を反省しながら鑑賞した。
ちょう美しかった。見た途端ボクのSLRを取り出して撮影しはじめた。

氾濫原

誇りの高いヤツはこれに違いない。

クライストチャーチ、オックスフォード
クライストチャーチ、オックスフォード posted by (C)宇宙人

晴れた天気のおかげで太陽光の素直に差し込んだ形も見せてくれたんだ。真の神様、ありがとうございます!

氾濫原 ー オックスフォード
氾濫原 ー オックスフォード posted by (C)宇宙人

そして最後の一枚を見たとおりで水溜りの動きはまったくしなかった。
そういう存在感は深くてまるで海にいるようだと、少なくともボクはそう思っている。
[PR]

# by kagato0110 | 2013-02-03 21:09